お問い合わせはこちら 0749-43-6718(ヨイコハミンナ ムシナイハ)

〒521-1113
滋賀県彦根市稲部町68 滋賀住宅マンション2F

滋賀 彦根 歯科 矯正歯科 義歯 青木歯科医院

院長のちょっと一言

院長のちょっと一言はこちら
右のQRコードを読み込んで頂くと、携帯サイトがご覧頂けます
トップページ»  院長のちょっと一言

院長のちょっと一言

  • 件 (全件)
  • 1

歯医者さんと聞くと「痛い、恐い」と連想していませんか?

2007/6/26(火)

歯医者さんと聞くと「痛い、恐い」と連想していませんか?行くのは痛くなってからでいいやと思っていませんか?
確かに注射をしたり、歯を削ったりと歯医者さんには常にマイナスのイメージがつきまといます。特に小さい頃に歯医者さんで恐い思いをされた方はなおさらでしょう。だからこそ、青木歯科医院では常に患者さんである皆さんの視点に立ち、皆さんが痛い思い、恐い思いをされないよう、新しい技術と変わらない優しさを持って接するよう心がけております。治療の前にはみなさんが納得いくまで、これからの治療について説明します。特に小さなお子様に対しては(特に生まれて初めて歯医者さんにきた勇気あるお子様には)、治療の前にはまずどんな事をするかやさしい言葉でお話して、どんな物を使うのか見てもらってそれから治療に移ります。間違っても、いきなり押さえつけて歯を削って詰め物と一緒に一生消えない恐怖感を植えつけるといった事は致しません。

私は歯科医院だけではなく趣味?で講演等もしておりますが、歯科関係者だけでなく一般の企業・学校などで歯科治療の話や相談を受けた経験があります。そこで何十人、何百人という方に出会いましたが、「虫歯や歯槽のうろうがあるのはわかっているが、歯医者は苦手だから痛くならへんと行かへんわ!」という声をかなり多く聞きました。私は、そういった声の根底にはやはり歯の治療に対する「痛い・怖い」というマイナスイメージがあるのだと思います。またそういった患者さんの虫歯や歯槽のうろうが、歯医者さんに行かずに放置して治ることは残念ながらまずありません。たいていは放置した結果、さらに事態は悪化し、痛くなって歯医者さんに行った時にはさらに多くの治療を余儀なくされるという事が多いようです。私はそういった事を少しでもなくすため、みなさんに気軽に来て頂けるあたたかみのある歯科医院づくりを心がけてゆきたいと思っています。 

2007-06-26 17:02:00

  • 件 (全件)
  • 1
PageTop